セックス依存症14歳売春婦花井花子が武田ブロンソンの詩『夜のファック』を読んで灘岡精神病院の病室で泣いていたこと(Night fuck)/セクハラ恋愛極私論

セックス依存症14歳売春婦花井花子が武田ブロンソンの詩『夜のファック』を読んで灘岡精神病院の病室で泣いていたこと(Night fuck)/セクハラ恋愛極私論

竹下力

さよならが、さよならで、ありつづける間に。
僕は優しい蛆虫で誰かを愛せるほど強くあろうとした。
あったみたい。あったみたい。あったみたい思うように真っ黒な心で。
そうやって毎日を過ごしてみんなに好かれようともがいて、あがく。
君が夕陽にさよならを言わないように必死さ。
だって夜がきて君を孤独にすると君は自殺しようとする。
寂しいから先生のペニスが欲しいって泣き出して。
デンデンモンのあったもんは灘岡湖の埠頭でタバコ太ももジュって愛してく…

Related tracks

See all