寝る時間

寝る時間

Manashiki

目を瞑ったあと
夜は思い出す
言葉の先に  ある意味

止まらない僕は
止まった電車で
震え重ねて 人と人の隙間を埋めてく

忘れてもいい
もとの顔もいつか
傍目じゃ 気づかないはず

素通りをしてた
しどろもどろは今
記憶の隅に 石と石を置いて裏返す

忘れてもいい
食べて寝て笑って
誰にも わからないはず

Related tracks

See all